インターホンをリニューアルして防犯意識を高めよう

自分でも取り換えられる

作業員

自分でするとリスクもある

インターホンを最新の機器にリニューアルしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。最近のインターホンは通話ができるだけでなく、スマホと連動させることができたり、広い範囲が確認できる広角レンズ、録画機能などを搭載したものもあります。そのため、防犯対策のためにもインターホンをリニューアルしたい人は多いです。インターホンのリニューアルは、設置状況によっては自分で取り替えることも可能です。コンセントが近くになり、ただインターホン本体を取り換えるだけなら自分での交換も可能です。しかし、壁の中から電源を取っていたり、熱感知器やガス感知器と連動しているインターホンでは自分で交換するのは難しいでしょう。無理に自分でリニューアルしようとしたことにより、インターホンだけでなく、連動している機器が使用不可となることもあります。また、無理に取り外しをしたことにより感電するおそれもあります。このインターホンの交換では電気工事士の資格が必要になるケースもあります。そのため、自分での交換はおすすめできません。専門業者に依頼をすることにより、感電する恐れもありませんし、何より確実なリニューアルが可能となります。防犯のためにリニューアルを考えるのであれば、確実に使えるように設置する必要があります。家族のために、しっかりと防犯対策を考えたいといった理由でリニューアルを考えるのなら、なおさら業者への依頼が重要です。信頼できる業者に依頼をして、インターホンのリニューアルをしてみてはいかがでしょうか。

インターホン

防犯対策していますか

突然の来客や見知らぬ人の来客に困った時には、モニター付きインターホンにリニューアルしましょう。夜間ライトが付いたり、録画機能が搭載している機種もあります。また、寝室や二階にインターホンを増設すると便利になります。

インターホン

玄関先のリフォーム

玄関先に取り付けられているインターホンが壊れたときには、電気工事店など適切な資格を持つ業者に依頼するのが確実です。インターホンにはいくつもの種類があるため、使うシーンに合わせて最適なものを選ぶようにします。特にモニターの場所などは使い勝手を左右するので見積もりの段階で話し合っておきましょう。

玄関

故障したら早めに直そう

インターホンの故障の原因としては本体に不具合がある場合と配線に不具合がある場合がありますが、原因が本体の場合には交換を、配線の場合には修理をすることになります。素人が自分で修理しようとすると危険だったり、状態を悪化させてしまうこともありますので、信頼できる業者に依頼するのが確実です。